なんとなく、なんとなく

第2シーズン始まります!

投稿日:

久々の投稿です。

精神的にも肉体的にも色々とトラブルが続いてしまって、なかなかブログを書こうと思えませんでした。

とは言うもののほとんど誰も見てないだろうからあまり関係ないでしょうけどねw

新しくブログを立ち上げようかとも考えたけど、今回は引き続きこのブログを続ける事にしました。

さて管理人の話はどうでもいいですね。

第2シーズンは誰かの為にとか、誰かに見せる為というよりもぶっちゃけ自分自信の為に書きます。

自分の頭の中にある色んな疑問、考え方、生き方、その他諸々を自伝的な感じでまとめようかと思います。

世の中やたら厳しくなってきた

最近よく思うのが世の中やたら厳しくなってきたと思う。

確かに悪いことをしたら責められても仕方ないし、実際に規制しないと大変になる事もある。

ただその一方で何でもかんでも厳しく一元化すればいいという風潮には疑問を感じる。

世の中の大多数の意見が正義みたいな感覚はひとつ間違えると戦時中の日本のような事にもなりうる危険を含んでいる。

特に日本人は和を重んじる民族だから余計にそう感じる。

みんなに歩調を合わせ、迷惑にならないように、空気を読んで・・・。

僕も日本人だし、日本のそういうところは誇れると思う。

ただ、何事にも限度はある。

今正しいと感じたとしてもそれが絶対に正しいとは限らないのだから。

それに賛否両論はあって当たり前。

人それぞれ生き方や育ってきた環境で大きく考え方が変わってくるのも当たり前。

そもそも正義というものは人間が作った概念であり、この世の絶対的な真理では無いのだから。

一時期フェイクニュースが話題になってたけど、まさにそれと同じ。

ネットに出てたから「正しい」

誰々が言ってたから「正しい」

そうやって簡単に人は先導されてしまうのだ。

特に今はSNSなどで大勢が賛同したら、それが本物なのか偽物なのか誰も疑おうとはしない。

そういう危険が潜んでいる事を常々忘れないようにしないと、本当に危うい世の中になると思う。

正直、今のこの世界は少しずつ歪んできてると僕は感じる。

本来人が人であるべき姿を忘れてしまって、自分で考える事も疎かになりつつあるからだ。

便利なのは僕も賛成。

でもあくまで「便利」を使いこなすのは人であって、便利に使われてはいけない。

自転車でスマホをつかいながら運転して事故を起こすというニュースがある。

にも関わらず、それがどれだけ危険な行為なのか考えようともしない。

想像力の欠如と言っても過言ではない。

まさにその想像力の欠如こそが今の厳しい世の中を作っているのだろうと思う。

過程や経緯を無視して結果だけを見て批判する。

正直僕もミスもすれば失敗もするし、うっかり人に迷惑をかける事なんて山程ある。

自分の事は棚に上げて、人の事ばかり責める。

果たしてそれで本当にいいのだろうか?

責めるのは簡単。価値観のすり合わせこそが必要

結局のところ人それぞれ価値観であったり感じ方が違うからこそ誤解や矛盾や差別やいじめが起こるのだと思う。

全ての人が同じように感じ、全ての人が同じ価値観であったなら、争いもケンカも起こらないだろう。

でもそんな世の中には何ひとつ魅力を感じない。

ある意味世界中の人が自分のクローンのような世の中。

それのどこに魅力があるのだろうか?

相手の考えてることは全てわかってしまう。

そうなるとそもそも会話すら必要なくなる。

テレパシーのように瞬時に相手の考えていることが理解できてしまうのだから。

わからないからこそ人はワクワクするのだし、ドキドキするのだ。

ネタをバラされた上でドッキリに引っかかるようなもの。

そんなの何も面白くはない。

新しい考え方に出会い、新しい価値観に出会い、そうやって新たな刺激があるからこそ人生は楽しい。

だからこそ人の話を聞くのは楽しいのだ。

自分自身の話を録音して聞いたところで何の刺激もない。

結局何が言いたいのか?

話が色々脱線しそうなので強引にまとめます。

結局のところ何でもかんでも自分の思うように物事が進む世の中だったとしたら。

それはもう退屈で退屈で何もしたくなくなっていくだろう。

良くも悪くも想像もしない事が起きるからこそ、人は生きる事に意味を見いだせるのだと思う。

本来生きる事に意味など必要はないのだけれど、意味を見いださないと生きていけないのも人だ。

だからこそ人は悩み、苦しみ、時には自ら命を絶ってしまう。

でもそれは「考える」という事ができるからこそなのだ。

何も考えなくても生きてはいける。

でもそれでいいと思う人は少ないはず。

だからこそ人は自ら「考えて」生きていくべきなのだ。

誰かの考えで生きていくのではなく、自ら考えて生きていくべきなのだ。

SNSに振り回されて生きていくのは、何も考えないで生きているようなもの。

道具に振り回されて生きていくのは、操り人形と同じ。

そこに気づけなければ人類はいつか取り返しのつかない大きな過ちを犯してしまうような気がしてならない。

そんな危険な世の中にしない為にも自ら考える事を放棄しないようにして欲しいと思う。

-なんとなく、なんとなく

Copyright© ムダきわどっとこむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.