ブログ初心者

ブログのネタに困ったらこれをやるべし!

投稿日:

早く答えを知りたい人もいると思うので最初に答えを書いておきますね。
ブログのネタに困った時にやる事は?

自由な発想をやめることです。

いったいどういうこと?と思ったあなたにその理由をコッソリ教えちゃいます!

選択肢が増えれば増えるほど人は迷う

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば学生時代の全校集会を思い出してください。
校長先生の長話でクラクラして痺れるあの集会ですw
その集会でいきなり校長先生に呼ばれます。
○○(あなたの名前)さん今からみんなの前で何でもいいから好きに話をしてみてくださいと・・・。

現実的にはありえない話ですけど、あなたなら何を話しますか?
好きに話をしろと言われても何を話すればいいのだろう?と思う人が多いはずです。
何故そう思うのかというとそれは選択肢が多すぎるからです。

では好きな話ではなく、好きな食べ物の話だったらどうでしょうか?
もしくは好きな歌や好きな本、好きなアニメでも構いません。

最初の質問の何でもいいから好きな話の時よりも、好きな○○とテーマを決められた方が答えは出やすくなったはずです。
好きな食べ物が沢山ある人はどんどんその食べ物が浮かぶでしょうし、歌が好きな人なら溢れるほど色んな曲が頭に流れてくると思います。

今回の話で言えばこのテーマこそが選択肢の制限となって色んな事が浮かぶようになったのです。
もっと細かい制限をかければさっきとは違った形でいろんな事が浮かんできます。

食べ物で言えば「たまごを使った食べ物の中で」。
歌の話で言えば「学生時代に好きだった歌」のようにもっと細かな制限をかけてあげるのです。
自由に何でもと言われた時よりも細かく制限された方がむしろ色んな事を思い出すはずです。

まずは大まかなテーマを書き出す

自由に発想するよりも細かく制限をかけた方が実は色んな事が思い出せるというのは前の章で理解してもらえたと思います。
次はこの制限のかけ方について説明していきます。

ただ漠然と制限をかけたところで、自分が経験した事がない場合は何も浮かんできません。
本をほとんど読んだ事がない人に学生時代に読んだ本のような制限をかけても意味はありません。

なので制限をかける前にまずは自分がなんとなく好きだと思えることを思い浮かべてください。
そこまで大好きでなくても構いませんし大まかなテーマで構いません。

動物が好き
ドラマが好き
運動が好き

後はそれを少しずつ細かくしていきます。

運動の中でも何が好き?
マラソンが好き

マラソンは自分が走るよりも人が走ってるのを見るのが好き。
その中でも箱根駅伝が好き。
○○大学が好き
○○大学の○○選手が好き

細かくしていけばどんどん具体的になってきます。
自分の中でこれ以上は細かくできないかな?と感じたらそれで大丈夫です。

ネタとしては一番細かくしたところだけがネタになる訳ではありません。
マラソンにしても箱根駅伝以外にも色んなマラソンがあってそれを紹介する記事でもいいし、箱根駅伝を深堀りした記事も書けますね。

なんだかマラソンで色々書いちゃいましたけど、ムダきわは正直マラソンにはあまり興味ありませんw
そんなムダきわでもマラソンというキーワードだけでこれぐらいの情報は頭の中に入ってます。
とはいえ普段はマラソンの事は考えないので、今回の記事のように細かく制限をかけていったからこそ自分の中に眠っているマラソンに関する記憶が呼び起こされたのです。

大好き以外の色んなテーマを考えてみる

大好きな事というのは細かな制限がなくても勝手に色々思い浮かんできますが、それほど好きと思ってなくても意外と人は色んな記憶を持ってたりします。
ムダきわで言えば前の章で書いたマラソンの話です。

そうやって自分の棚卸をしていけば自分が気づいてないだけでこれなら書けるかもという事が見つかります。
後は書けそうなものをとりあえず書いてみて下さい。
1回書いてみたはいいけど、次のネタが浮かびそうもなければ1回限りでもいいです。
もっと書けそうならそのテーマでしばらく書いてみると新たな発見に出会える事もあります。
そして自分ではあまり良い記事にならなかったと感じたけど何故かPV数が伸びていたという事もあります。

ムダきわも過去のブログで自信満々に書いた記事のPV数よりも、検索キーワードにまつわる記事とか旬のネタを書いた記事の方がPV数は圧倒的に上でした・・・。
考えてみれば当たり前の話なんですけど、書きたい記事と読まれる記事はだいたい別物になる事が多いです。

とはいえせっかくブログを書くのであれば書きたい事も書いていいとムダきわは考えます。
人にもよりますが、ムダきわの場合は書きたい事が書けないとブログ続けられません。

後はバランスを考えて、読まれる記事を書いてその間に書きたい記事を挟んでいけば良いのです。

-ブログ初心者
-, ,

Copyright© ムダきわどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.